« 2011年1月 | トップページ

2011年2月

2011年2月 5日 (土)

老いらく雑記帖

暮の28日に名女優・デコちゃんこと高峰秀子さんが亡くなったとの報道があった。思い切りのよい役者さんで好きな俳優の1人だったことと、年齢が私と同じ大正13年生まれだったことも有りショックだった。往年の名役者が順次あの世に旅立って行かれるのは淋しい限りである。私事で恐縮ながら此処3年来男3人女2人の5人兄弟の内実兄と実弟の2人をあの世に見送ってしまい、心淋しい身辺に加えて尚更気持ちの滅入る此の頃である。

此の頃のテレビ番組に出てくるタレントたちの騒々しさは一昔前の貫禄を備えた役者たちと違い、出演番組が次週も又見たいという気をおこさせるほどの魅力を持ち合わせないのは如何したことであろう。大正・昭和うまれの芸人たちが次々と画面に姿を見せなくなってしまって、これ等の大正、昭和の世代が遠くなってしまったことも一因ではないだろうか。

吾々の日常生活面でもすべて簡略に処置されることが幅を利かせて、機械化され人情の機微の入り込む余地が狭められてきていたが、最近になって懐古趣味が見直されてきたことは老いらくの身にとっては有難い限りなのである。羽田空港の国際化に伴い出現した江戸回顧横丁の混雑振りなどは微笑ましい話題では無いだろうか。もっとも腰痛により歩行にも難儀している身としてはニュース画面で見るだけで、現場に出掛けられないことが残念である。

一昔前の対面商売の機微などが見直されての結果であろうが、人と人との触れあう機微が温かい人間関係を甦らせてくれるのではないだろうか。明治はおろか大正も昭和でさえも遠くなってしまった世情に回顧ムードにより人間関係に温かさが戻ってくる兆しを見つけてホットしている此の頃である。

|

« 2011年1月 | トップページ