« 老いらくの記 | トップページ | 愛の車椅子 »

2010年10月29日 (金)

お利口さん

我が家の2人(?)の孫娘のワンちゃんの記事も暫くご無沙汰なのでソロソロと思っていたら、今朝早く5時チョット過ぎにメイが寝室に入ってきた。しかも上がったことも無いベッドの上に上って遠慮勝ちに声をだしたので目を覚ました。何か訴えるような気配なので「何? どうしたの」と聞くとリビングの出口の方に行くので「オシッコ・ウンチ?」といいながら雨戸を開けてやると庭に飛び出してったのである。

寒い明け方の庭はまだ真っ暗で庭燈を点けても一部分しか見えないが、下痢の用をたしたかったらしく済ませてからアブチロンの葉をつまんで部屋に戻ってきた。メイは犬種ボーダーコリーのお利口さんであり、食欲旺盛な8歳犬で屋内でそそうをする事は滅多に無い利発な仔なのである。明るくなって見るとやはり下痢の軟便で朝まで待ちきれなかったらしいのである。

も1人(笑)のトイプードルのチップも4歳になるが、この仔もお利口さんで特に教えなかったが初めからウンチ・オシッコは便器でするものと思っていたらしく、これまたそそうをする事はなく、ウンチをするときは先ずグルグル便器の周りを回り始めるのが予告なのである。ダンダンスピードアップしてついに排便となるのである。2人とも下の始末の良い仔で大助かりしている。この仔は食べ物に好き嫌いがあるのが珠に瑕であるが、メイは食べ物には目がなくて何でも食べるのでこれまたオオ助かりなのである。お利口な2人に囲まれて退屈する事もなく日々を過ごしている。


拡大

|

« 老いらくの記 | トップページ | 愛の車椅子 »